全ては健康を願う人々のために

 東邦ホールディングスグループは、医療ならびに医薬品業界の急速な変化・最先端の課題を先取りして捉え、国民の健康寿命の延伸と超高齢化社会における持続可能な社会保障制度の構築・維持に貢献すべく、医薬品流通の更なる効率化と高付加価値化の実現を目指します。また、医療及び健康関連企業としての公共性を認識し、グループ全体最適と生産性の向上に向けた諸施策をもって経営のスリム化を重点的に推進するとともに、全ては健康を願う人々のために、社会から継続して支持される企業集団を目指します。

グループの総合力で医薬品流通を担う

東邦ホールディングスはより大きな付加価値をお客さま・患者さまにお届けするため、持株会社体制によるグループ総合力の最大化を図っています。

●事業持株会社である東邦ホールディングス株式会社は、事業運営ならびにグループの戦略立案・推進を行います。グループ会社の経営監督機能として、グループ経営機能のスピードアップ、グループの経営資源の適切な配分、グループ会社間のシナジーの強化を図っています。

●医薬品卸売事業運営会社の東邦薬品株式会社は、共創未来グループの中核企業としてリーダーシップを発揮するとともに、営業力・情報システム・物流システムなど事業インフラの更なる強化を通じて流通機能の向上を目指します。

●調剤薬局事業管理会社のファーマクラスター株式会社は、かかりつけ薬局機能の強化、薬剤師をはじめとする人材の採用と教育研修、経営効率を向上させるためのシステム提供などを行い、グループ各薬局の業容拡大を支援してまいります。